記録計 U-329 卓上型ペンレコーダー (1・2・3ペン)

u-329
250mm幅 卓上(フラットベッド)タイプの1・2・3チャンネル対応の記録計です。
極性切り替えスイッチをはじめ、記録紙早送りスイッチ、記録紙巻き戻しつまみ、記録紙が無くなると動作する記録紙エンド・アラーム、記録紙に任意にマークを入れられる重畳式イベント・マーカを標準装備しています。
電源はAC100 / 115 / 200 / 220 / 240Vと5種類の電圧を簡単に切り替えられますので、世界各地でのご使用が可能です。
オプションで記録紙巻き取り装置、記録計用台車、別ペン式イベント・マーカをご用意しております。

特長

  • #

    コメントを手書きし易い形状

    チャート台板の長さを長くし、記録波形の上から手書きで、コメントを書きやすくしています。
    また、コメントを手書きするときに邪魔にならないよう、右袖パネルにはスイッチ類をいっさい配置していません。
  • #

    簡易校正電源を内蔵

    入力レンジの最高感度の校正用電源を内蔵しています。
    校正用の基準電源を別途用意することなく、次の操作で精度の確認が容易に行えます。

    ①入力アンプユニットの「測定範囲切り換えスイッチ」を最高感度に合わせます。
    ②「ゼロ点チェック・スイッチ」を”CHK”にし、ゼロ点(0%)を合わせます。
    ③「ゼロ点チェック・スイッチ」を”CAL”にすると、内蔵の校正電源によりペンが動き、フルスケール(100%)の位置に止まれば正常です。

    ※ 100%の位置から+(プラス)または – (マイナス)にずれている場合は、校正が必要です。

  • #

    記録紙送り操作部

    記録紙(チャート紙)速度の切り換え、速度単位の切り換え等、記録紙(チャート紙)に関する設定を全て行えます。
    ペンリフトレバーによりペンの上げ下げが可能です。チャンネル1、チャンネル2、チャンネル3、個々に操作が可能です。
    MARKスイッチにより記録波形に重畳してマークを入れることができます。
  • #

    入力端子

    被覆を取り外した信号線、Y型圧着端子を取り付けた信号線、バナナプラグを取り付けた信号線の3種での接続が可能です。

記録計 U-329 卓上型ペンレコーダー (1・2・3ペン) 仕様

型名 U-329-500 (3チャンネル)
外形寸法 430(W)×170(H)×410(D)mm (突起物含まず)
質量 約11kg
使用環境
温度
  0~45℃
湿度
45~85%RH (結露のないこと)
電源 AC100 / 115 / 200 / 220 / 240V±10%, 50Hz ・ 60Hz両用
記録方式 自動平衡実線記録方式
有効記録幅 250mm
測定範囲 1 / 2 / 5 / 10 / 20 / 50mV
0.1 / 0.2 / 0.5 / 1 / 2 / 5 / 10 / 20 / 50 / 100 / 200V
17レンジ、振幅調整器付き
最大許容入力電圧 1mV~50mVレンジ 30V以内
100mV~200V レンジ 200V以内
入力抵抗 1MΩ 一定
入力方式 フローティング
許容信号源抵抗 10kΩ 以下
精度 ±0.3%(23℃), 温度係数±0.025%/℃ MAX
(最高レンジにおいて直線性を含む)
レンジ間誤差 2~50mVレンジ ±0.15%(23℃)温度係数 ±0.0050%/℃ MAX
0.1~200V レンジ ±0.20%(23℃)温度係数 ±0.0075%/℃ MAX
不感帯 ±0.1%
極性切換え 極性切換えスイッチ付き
ペン速度 750mm/sec 以上
ゼロ点調整範囲 右基準点より+100%以上
記録紙速度 (1)10, 15, 20, 30, 40, 60 : mm/h, cm/h, mm/min, cm/min
24段23速 (10mm/min と 60cm/h が重複します) (2)外部信号による記録紙送り
・記録紙速度
  :1Hzで1mm/min 最大600Hz
・入力インピーダンス
  :4.7kΩ以上
・外部信号源 電圧
  :ハイレベル+2.0V~+20V
 
  :ローレベル+0.8V~ -20V
 
   (TTLレベルで動作可能)
・信号波形
  :パルス, 正弦波, 方形波, 三角波など
 
   (パルス幅 50μsec以上)
記録紙終端警報 記録紙がなくなると、記録紙送りとペンを停止させブザー音とランプの点滅で知らせます。
ペン・リフト 各ペン単独手動 (ペン間隔4mm)
イベント・マーカ 重畳式, 振幅 +3.5±1目盛, 時間 0.2~0.4s (マーカ・スイッチ付)
校正電源 内蔵 (1V MAX)
耐ノイズ特性 CMRR:DC160dB以上, AC(50/60Hz) 160dB以上
NMRR:AC(50/60Hz) 64dB以上 (最高感度レンジにおいて)
消費電力(TYP.) 1P 平衡時 19VA ・ 最大負荷時 32VA
2P 平衡時 21VA ・ 最大負荷時 47VA
3P 平衡時 23VA ・ 最大負荷時 62VA
絶縁抵抗・耐電圧 電源-シャシ(GND) 50MΩ以上(DC500Vメガー) ・ AC100V 1分間
記録紙 ロール記録紙 No.2516P50 長さ20m 右基準
ペン 1P用 NDF-R (赤) ・ 2P用 NDF-G (緑) ・ 3P用 NDF-BN (茶)
※ 記録紙は純正品をご使用ください。純正品以外の記録紙が起因する故障については保証の対象外です。

記録計 U-329 オプション

別ペン・マーカ

本体の記録ペンとは別に記録紙右端部分に専用のペンを用いて印を付けることが出来る装置です。時間軸に対し任意の印を付けることが出来ます。
型名:U-329-MRK

記録紙巻き取り装置

記録済みの記録紙を自動的に巻き取り、収納する装置です。
記録紙をたるませることなくスッキリ収納出来ます。
型名:U-329-TAK

記録計用台車

引き出し付き卓上型記録計用台車
型名:CAR-1

用途実例

記録計 U-329の用途実例

  • 磁気探査
  • 記録計 U-329は、地中や海底に埋没している不発の機雷、爆弾、砲弾の探知用として、探知器メーカの磁気探知器の信号記録用に、使用されています。
    オプションの別ペン式マーカペンで、一定距離ごとにマーキングすることにより、位置情報も信号記録と同時に記録出来ます。
    記録計 U-329は、ラボ用の卓上型が特長の記録計ですが、磁気探知用として屋外の地上、海上の悪環境下でも定期的にメンテナンスを行うことにより、使用されています。
    また、パントス社製 アナログ無線送受信機TRM-1650/REC-1650と組み合わせることによって、センサー機器などから出力されるアナログ信号データを無線で記録計(ペンレコーダー)またはペーパーレス記録計まで送ることが出来ます。
U-329の用途実例
  • 分析計の出力波形記録
  • 各種試験器の出力波形記録用
  • 大学・研究機関・企業における各種実験用

取扱製品

記録紙巻取器 プリンポーター PPK-09

  • 装置から出力される記録紙の先端をペーパーホルダーに挟むだけの簡単操作で、記録紙をきれいに巻き取れます。
    巻き取り方向は正転/逆転がスイッチ操作で行え、装置のプリンター位置を気にせず配置できます。
    また、磁気吸着もしくはアシストプレートでの固定が可能なため、設置場所を自由に選べます。
    電源  :AC100V (50/60Hz)
    消費電力:3W
    最大巻き取り紙幅:60mm( 紙幅変更のご要望等、何なりとご相談ください。)


記録計・計測機器に関するお問い合わせ、設計・製造・OEMに関するご質問などお気軽にお問い合わせ下さい。 0774-41-2411 受付時間 9:00~17:30(土日祝除く)